オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー

尿素水システム

はとバス

トラックやバスなどのディーゼルエンジンから出る排気ガスには窒素酸化物(NOx)が含まれています。
これは大気汚染の原因として知られている物質で、排出量が規制されています。
そのため、排気ガス処理装置として尿素水を用いた尿素SCRシステムを導入する車が登場してきました。
このシステムは尿素水を還元剤として、窒素酸化物を窒素と水に還元してしまって無害にします。
現在販売されているトラックやバスの中で、いち早く日産ディーゼル(現UDトラックス)の販売する車が2004年にこのシステムを導入しました。
その後も自動車メーカ各社がこのシステムを採用しています。
このシステムのメリットはシステム導入による燃費悪化の要因が少ないことにあります。
バスやトラックなどの輸送用車両にとって燃費は非常に重要です。
また白金などの高価な貴金属を触媒に使用する必要がないので、比較的安価なシステムであることも低コスト化が重要な課題となっているメーカーにとって使いやすい要因となっています。

システムの利用

環境に対する意識が高まっている昨今、トラックやバスが排出する排出ガスをどう処理するかにも関心が集まっています。
なかでも新しい技術として着目されているのが尿素水です。
尿素水は尿素SCRシステムと言って、排出ガスを浄化するシステムに使われます。
これは排気ガスに含まれる窒素酸化物を、排出する前に浄化する画期的なシステムです。
窒素酸化物はアンモニアによって水と水素に分解される性質があり、そこに尿素水を利用するのです。
このようなシステムは既に一部のトラックやバスに取り入れられており、特にディーゼルエンジンのクルマにとって画期的な発明と言われています。
尿素SCRシステムの他にも、現在環境に優しいクルマや燃料が開発されていますが、どのようなものがあるのでしょうか。
なかでも天然ガスを利用した燃料は有名です。
天然ガスはガソリンよりも空気中に吐き出す有害物質が少ない事で知られています。
天然ガスを利用したCNG車は現在日本でかなりの台数が普及しており、バスやトラックでも利用が広がっています。
他にも次世代自動車として注目が集まるのは電気自動車です。
電気で走りますので排出ガスはなく、走行音も静かな事で知られています。
環境に優しい取り組みを進めるために、様々なシステムのクルマや燃料の開発が進んでいます。
こうした中で尿素水によって排出ガスを無害化するトラックやバスは、ひときわ画期的な発明であり、最も注目されている技術の一つです。
すでに安価に尿素水を販売している業者もあり、これからの社会に向けて経済効率も良い走行システムを提供してくれます。

カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031